ハーレーのケーブルワイヤーに注油して動きを円滑に

ミラー

デザインや走行性能の優れたハーレーですが、メンテナンスをしなければ故障してしまう可能性が大いにあります。また、各パーツが劣化してトラブルの原因ともなりかねません。

ハーレーには様々なパーツが利用されていますが、その中のひとつとしてケーブルが存在しています。クラッチケーブルやスロットルケーブル、そしてメーターケーブルなどが代表的です。これらのケーブルは、走行性能を安定させるために非常に重要な存在です。

ケーブルの中にはワイヤーがあり、このワイヤーはメンテナンスを怠ると、雨水などによってサビてしまいます。ワイヤーのサビを抑えるためには、ケーブルに注油をすることが必要です。
まずは、ケーブルをバイクから取り外します。ケーブルのワイヤーにグリスやオイルを注油する前にケーブルの洗浄をすることが重要となります。汚れを落としていないまま注油してしまうと、汚れが新たな油に交じり、注油の意味がなくなってしまうからです。そのため、ケーブルのワイヤーについている古いグリスや油をふき取ったうえで、パーツクリーナーやガソリンなど各パーツに沿った洗浄方法を行います。エアーガンなどを用いて汚れを落としてもよいでしょう。

汚れを落とし終えた後に、注油を行います。グリスやオイルを塗布してもよいですが、細長いノズルを用意することができたならば、そのままグリスやオイルをケーブル内に注油することが可能です。
取り出したパーツをもとに復元し、ハンドルを左右に振ったり、操作がスムーズになったりしているかを確認します。動作に支障がない場合には、オイルやグリスの注油の完了です。