ハーレー標準のインスペクションカバーやダービーカバーを別デザインへ交換してみる

カバー

ハーレーといえば、エンジンを始めとした複雑な内部構造が剥き出しになったメカニカルデザインが魅力のひとつです。そしてその中でも特に目を引くのが、エンジンからタイヤに動力を伝える構造を覆うカバー部分です。基本的にはプライマリーカバーを土台にして、その上に円形のダービーカバーと小さなインスペクションカバーが取り付けられているという形です。標準のハーレーだと無難な柄や色でまとめてありますが、人によっては地味に感じることがあるかもしれません。そんな時は派手なデザインのものに交換すると良いでしょう。

sfdsfsdfds5

複数のパーツで構成されている駆動カバーの中でも、ダービーカバーとインスペクションカバーは目立つ上に比較的交換がしやすいため、様々なデザインの製品が個別に販売されています。ドクロをモチーフにしたものや疾走感を演出できる横ライン、他の構造に合わせて複雑な見た目にできるモールド仕様など、純正・他メーカー製を問わず多種多様なので、求めるデザインが見つかる可能性は高いでしょう。

そしてダービーカバー・インスペクションカバーのいずれも車体の表面にあるため、自分で交換することも不可能ではありません。ネジで留めてあるだけなので作業も複雑ではなく、別のカバーさえ用意できていればすぐにでも交換できます。作業の際に注意すべきなのは、均等に力が入るように全てのネジを少しずつ締めていくことくらいです。ただカバーの内側には駆動の補助をするためにオイルが入っているため、それが漏れないようにガスケットで密閉する必要があります。しかし交換用のカバーには付属していないこともあるので、しっかり確認をして、付属していないのであれば別でサイズが合ったものを用意するように注意しましょう。

ハーレー