ハーレーの再塗装ではフレームのサビを落とす

ハーレーを自分の好みのカラーに塗装するのは人気がありますが、乗り回しているうちに塗装が色あせてきてしまったり、剥げてきたりすることもあるでしょう。
ずっと乗っていると今のデザインがあまり気に入らなくなってしまって一新したいと思うようになることもあります。そのようなときにはハーレーの再塗装をして、新品同様の美しい姿に仕上げましょう。

再塗装は前の塗装が半端に剥げてきてしまっているようなときでも、まだ完璧な状態であってもできます。自分のハーレーを別の姿にしたいと思ったときにはカスタムショップに相談してみましょう。

ハーレーの再塗装をするときに重要なのはフレームの表面をしっかりと確認することです。今の状態で塗装をして本当に大丈夫なのかを見極めることがオーナーとして欠かせません。フレームの表面の状態が悪いと塗装が定着しにくく、すぐに剥がれてきてしまう原因になります。
最も気を付けなければならないのがサビです。塗装が少し剥げていたというときには特に注意が必要で、その部分のフレームがサビてしまっていることがあります。また、コーティングされていないところのサビがフレームに付着していることもあるでしょう。このようなときにはきれいにサビを取ってから再塗装をするのが良い方法です。

カスタムショップに相談すると再塗装と合わせてサビ取りをしてもらうこともできます。ただ、サビ取りにも費用がかかるので、事前に自分で取り除いてしまった方が安上がりになります。

バイクフレーム用のサビ取りを使って丁寧に除去してから再塗装を依頼しましょう。