手元のおすすめ!夏はメッシュのハーフグローブで冬はヒーテッドグリップ

冬のグローブ

ハーレー乗りなら、バイク操作の中心となる手元にも拘ることが欠かせません。車の運転と違い、バイクの走行中は、気温や天候の影響を強く受けることになります。手には、エンジンや路面からの振動もダイレクトに伝わるので、しっかり保護し、操作性を上げることが大切です。グリップを握った時のフィット感が変われば、運転のしやすさや走行による負担も変わります。
走行が長時間に及ぶほど、違いが出る部分と言えるので、手元に拘ることは欠かせません。季節によってグローブを使い分けるなど、工夫をするようにしましょう。

気温が上昇し、湿度も高い夏は、素手での運転は避けたいけれど、暑いからグローブはしたくないという人も多いのではないでしょうか。そんな時には、メッシュ素材のハーフグローブが快適です。汗で手が滑ってしまったり、グローブの中で手がムレてしまったりということになっては、運転にも集中出来ません。通気性の良いメッシュ素材のグローブなら、走行中はグローブ内部に風が入ってくるので、手のベタツキを抑えられます。それに、ハーフグローブなら、手元が完全に覆われることがないので、暑さの軽減にも役立ちます。
メッシュのハーフグローブは暑い夏にこそピッタリです。

夏のビーチ

寒さが大敵となる冬は、ウインターグローブを使うのも良いですが、ヒーテッドグリップを利用するのも欠かせません。暖かさを優先してグローブを選ぶと、どうしても厚みが出てしまうので、グリップを握った時のフィット感が落ちてしまいます。また、長時間の走行や、気温が低い場合には、時間が経つと指先が冷たくなってしまうことも多いです。しかし、ヒーテッドグリップなら、ダイヤルを回すだけで温度調整が出来るので、分厚いグローブで寒さを凌ぐ必要はありません。
接着剤などを使わず簡単に装着出来る上に耐久性もあるので、利用する価値は十分にあると言えます。

バイク操作の中心となる手が快適になれば、それだけで運転もしやすくなるので、ハーレー乗りなら、手元に拘ることが大切です。