新車と中古車で異なるハーレーのならし運転とは

ハーレー

ハーレーの購入は新車と中古車の2つの選択肢が用意されていますが、購入方法に関係なく行わなければいけないのがならし運転です。ならし運転とは、エンジンを始めとしたパーツ同士を馴染ませる、新車に多い走行時の振動によるネジの緩みなどをチェックする走行のことを言います。

新車と中古車では、行う目的やチェックすべき点が異なるので注意が必要です。新車のハーレーの場合は、主に部品の接合部分を馴染ませることに重点を置くのがポイントになります。信号での発進と停止、走行時のギアチェンジを繰り返すのが基本です。
高速道路を使ってならすライダーもいますが、一定の速度で走行ができて発進や停止を行わない高速では一部の条件でしか擦り合わせできません。面倒臭がらずに下道で一つひとつの作業を行うことが大切です。
距離の目安は800kmで走行時は3000回転以上にならないように意識する必要があります。

中古車は各部品の擦り合わせなどやネジの緩みのチェックは終わっているので、これらの作業は必要ありません。中古のならし運転で重要なのは、前のオーナー色に染まっているバイクを自分色に染め直す、新しいバイクに体を慣らしていくという2点になります。そのため、通常通りの走行で体に感覚を覚えさせていけば問題ありません。ただし、全てのパーツが中古品なので、いきなりエンジンをレッドゾーンまで回すような負担を掛ける走行は避けるのが無難です。購入時にメンテナンスの状態が把握できない時は、走行をする前に油脂類を中心に各パーツのチェックをしておくことを忘れてはいけません。